睡眠時の扇風機使用における注意点

睡眠時の扇風機使用における注意点

よく、睡眠時に扇風機をかけて寝てはいけないと言われます。
高齢の方に、扇風機をかけたまま寝ると命に関わるから駄目だ、と厳しく言われたことのある方も多いと思います。
実際の所は扇風機をかけて寝たら死ぬ、というのは医学的には根拠がないのですが、扇風機の風で体が冷えて風邪をひいたり、お腹を冷やしてしまったりということはよくあることで、体に良くないというのはあながち嘘ではないようです。
睡眠時に扇風機を使用する際に注意しておきたいことがあります。
それは直接体に当て続けないことです。ずっと風を浴びていると、人間の体温は低下します。
特に一部分に当て続けると血行も悪くなり、逆に疲れがたまってしまいますので要注意です。
また、知らず知らずに脱水症状になってしまう危険もありますので注意しましょう。
扇風機を使用したまま寝ると命に関わるというのはそういうことなのかもしれませんね。

 

睡眠時は、扇風機はなるべくエアコンと一緒につけて部屋を冷やす目的で使用するのが一番いいでしょう。